ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

NEWS

ISF #2 キックオフ・フォーラムのご案内

2014.11.14


2014年度、イノベーションスタジオ福岡では「健康社会の創造」に取り組んでいます。20151月からスタートするProject 2 では、「ライフコースのイノベーション」と題して、元気で生き生きとした生活の全体設計を目指し、いま興りつつある新たな技術的可能性を活かして「つながり」「仕事」「成長」という3つのキーワードを軸とした21世紀にふさわしいライフコース(生きかた、暮らしかた)を提案する新しい事業創出に取組みます

今回のキックオフ・フォーラムでは、第二回プログラムのテーマである「ライフコース」「つながり」「仕事」「成長」に、どのようなイノベーションの可能性があるか、実践者をお招きして会場全体で考えていきます。本プログラムへの参加についてご関心のある方はもちろん、これからのライフコースや健康におけるイノベーションについてご興味のある方、新たなビジネスの種を探されている方など、多様な方々にご参加いただきたいと思っています。このエキサイティングな取組みにぜひご参加ください!

【日時】

2014123日 18:30-20:30(会場1815) ※変更になりました!

【参加人数】

150

【会場】

福岡市役所 15 階講堂

【主催】

福岡地域戦略推進協議会

共催

福岡市

【後援】

九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)クロスエフエム

【入場料等】

無料



【プログラム】

18:30-18:40(10)

主催者挨拶

 

18:40-19:10 (30)

プレゼンテーション「イノベーションスタジオ福岡の概要」

:田村大 /イノベーションスタジオ福岡ディレクター

 

19:10-19:40 (30)

キーノート:瀧本哲史/京都大学客員准教授、エンジェル投資家

 

19:40-19:45 (5)

休憩

 

19:45-20:25 (40)

パネルディスカッション

 

 

:瀧本哲史

京都大学客員准教授、エンジェル投資家

 

 

徳田和嘉子

株式会社cross fm 代表取締役社長

 

 

柳瀬隆志

嘉穂無線株式会社代表取締役副社長、株式会社EK JAPAN代表取締役社長

 

 

田村大

イノベーションスタジオ福岡ディレクター

 

20:25-20:30 (5)

閉会/今後のアクション


【登壇者プロフィール】

瀧本哲史(京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス寄付研究部門客員准教授・エンジェル投資家)

東大法学部、同法学政治学研究科助手をへて、マッキンゼーアンドカンパニーにおいて、主にエレクトロニクス業界の新規事業立ち上げのコンサルティングを行う。独立後は、企業再建や内外のスタートアップ企業への投資を行っている。主な著書に、「僕は君たちに武器を配りたい」(ビジネス書大賞)「武器としての決断思考」(新書大賞入賞)など。



徳田和嘉子 (株式会社CROSS FM代表取締役)

事業再生型投資ファンドのメンバーとして、投資先である福岡県域ラジオ局CROSS FMを担当。民放メディア初の20代社長となる。 学生時代に書いた「東大生が教える!超暗記術」が日本と韓国で計14万部のベスト セラー。その印税を使い、大学卒業後に未来のダンナを探しに世界一周52か国を巡る。 帰国後、2008年ゴールドマン・サックス証券入社。2011年ネクスト・キャピタル・パート ナーズ入社(現職)。








柳瀬隆志嘉穂無線株式会社代表取締役副社長、株式会社EK JAPAN代表取締役社長

東京大学経済学部卒。在学中は、ボート部に所属し、日本一を目指して練習に明け暮れる日々を過ごす。卒業後、三井物産株式会社食料本部に所属し、大手外食チェーン等の食材輸入業務などを行う。2008年2月に嘉穂無線株式会社に入社し、2013年4月に現職。2014年9月には、ファブラボ太宰府を設立し、新しい形のものづくりを提案している。






田村大(イノベーションスタジオ福岡 ディレクター)

株式会社リ・パブリック共同代表。東京大学i.school共同創設者兼エグゼクティブ・フェロー。人類学的視点から新たなビジネス機会を導く「ビジネスエスノグラフィ」のパイオニアとして知られ、現在は、地域や組織が自律的にイノベーションを起こすための環境及びプロセス設計の研究・実践に軸足を置く。著書に「東大式 世界を変えるイノベーションのつくりかた」(早川書房)など


本文の終わりです